INSIDE OCEANS

【F選抜“サテライト組”の1年】ブラジルで支えてくれる家族のためにW杯を目指す田淵広史「すべてを置いて日本に来ている」

2020.03.16

インタビュー

  • twitter

  • facebook

PHOTO BY

舞野隼大

出身はブラジルのサンパウロ州。16歳で故郷を離れた。日本でワールドカップ出場を果たすために──。

田淵広史は今シーズン、Fリーグ選抜の選手としてFリーグデビューを飾った。順調にステップアップして、多くの経験も積んだ。しかし彼の顔には満足した様子は微塵も感じられない。

まだ、何も成し遂げていない。

いつも笑顔で迎え入れてくれるファン・サポーターのために。ブラジルで支え続けてくれる家族のために。その想いが、彼を突き動かしている。

日本代表へ。自分はまだまだ。頂を目指す田淵は、祖国の家族を思い浮かべ、涙ながらに濃密な今シーズンを振り返った。

一つずつ階段を登っていく

この記事は有料会員限定記事です。
会員登録と定期購読手続きが完了すると続きをお読みいただけます。

下記ボタンより会員登録、登録済みのお客様はログインしてください。

SHARE:

twitter

facebook

TAGs: