INSIDE OCEANS

【AFCクラブ選手権/決勝 メス・サンガン・ヴァルザガン戦後コメント】星龍太「4冠に向けてこのまま突っ走りたい」

2019.08.18

インタビュー

  • twitter

  • facebook

PHOTO BY

名古屋オーシャンズ

8月17日(土)、名古屋オーシャンズはAFCクラブ選手権タイ2019の決勝戦でイランのメス・サンガン・ヴァルザガンに2-0で勝利。3大会ぶり、4度目のアジア制覇を成し遂げた。

決勝戦後、星龍太選手に大会を振り返ってもらった。

決勝という結果が大事な状況で勝ちきれたことが大事


──見事、3大会ぶり4度目の優勝を果たしました。

本当に、嬉しいですね。僕個人として4回目の優勝になりますけどどれも特別な思いになりますし、どれも特別な大会で優勝できたことは嬉しいことです。

──後半戦は主導権をほとんど握られ押し込まれることが多かったですが後半の20分を振り返っていかがですか?

前半と比べると質も落ちましたし、僕たちの運動量も落ちてしまって考えると18分くらい攻められていたんじゃないかなという状況でした。ですが気持ちの部分では負けていなかったし、ディフェンスでもしっかり勝てていた。プレーの質でいえばよくない部分はありましたけど、決勝という結果が大事な状況で勝ちきれたことが大事。こういう(防戦一方な)試合ではセットプレーがカギになるし、そこでアンちゃん(安藤良平)が決めてくれた。フエンテス監督が質を求めてやっているセットプレーで点が取れたことはこの試合のキーポイントになったのかなと思います。

──クラブ選手権前、最後のリーグ戦では負けてしまいました。あれからチーム内で気を引き締めなければいけないなどの意思統一はあったのでしょうか?

この記事は有料会員限定記事です。
会員登録と定期購読手続きが完了すると続きをお読みいただけます。

下記ボタンより会員登録、登録済みのお客様はログインしてください。

SHARE:

twitter

facebook

TAGs: