INSIDE OCEANS

【鬼塚祥慶×水谷颯真×笠井大輝】今季昇格組が語る本音。「まずは試合の前半から主力で出られるように」

2019.09.21

インタビュー

  • twitter

  • facebook

PHOTO BY

舞野隼大

名古屋オーシャンズサテライト時代からずっとチームメイトの鬼塚祥慶、水谷颯真、笠井大輝の3人。昨シーズンはFリーグ選抜でリーグを共に戦い、今シーズンから共にトップチームへ昇格した。

長い間、同じ時間を過ごす3人に、それぞれの第一印象からトップチームでの現在のことや、その先の未来について語ってもらった。そこでは、意外な過去の共通点や、昨シーズンの苦悩など新たな一面が垣間見えた。昇格を果たした今、ある意味“同期”ともいえる3人が感じるオーシャンズでの本音とは──。

トップに昇格して初めて見えた笠井の意外な一面


──まず、3人が一緒にプレーするようになったのはいつからになりますか?

鬼塚 いつからだろう。僕がオーシャンズのサテライトに入ってからだから……。
水谷 何年前だっけ。
笠井 2016年?
水谷 3年前ですね。
鬼塚 そんなに経つのか(笑)。
笠井 俺と颯真が一緒にプレーしたのがその1年前か。
水谷 そうですね。

──当時の第一印象をそれぞれ覚えていますか?

鬼塚 颯真のことは「見たことあるな」と思いました。

──「見たことあるな」とは?

この記事は有料会員限定記事です。
会員登録と定期購読手続きが完了すると続きをお読みいただけます。

下記ボタンより会員登録、登録済みのお客様はログインしてください。

SHARE:

twitter

facebook

TAGs: