INSIDE OCEANS

【F選抜“サテライト組”の1年】最年長として、キャプテンとして戦い抜いたピヴォ・磯村直樹「代表を目指さないとここで活動していた意味がない」

2020.03.17

インタビュー

  • twitter

  • facebook

PHOTO BY

舞野隼大

「周りを鼓舞して引っ張っていくようなタイプではない」

そう自認する磯村直樹だが、キャプテンを任された責任と覚悟は人一倍強かった。最年長として、リーダーとして、明確に何かを指し示すことはできなくても、やれることがあるはず。そう考えた彼は、自らの行動とプレーでチームを引っ張ると決めて、練習から誰よりも必死に取り組んだ。

「やれることを全部出し切れた」

その言葉に偽りはない。そう振り返った一方で、その表情に満足した様子はない。まだ、足りない」。そうもらした一言が、すべてを物語っているようだった。

Fリーグ選抜の先頭で走り続けた1年は、磯村にとって、間違いなくターニングポイントになるだろう。だが、その分岐点を上昇のきっかけにできるかどうかは、これから始まる新シーズンにかかっている。

すべては自分次第。そうやって戦い抜いた磯村は、ピッチで何を背負い、何を感じていたのか。

もう1つ、2つレベルアップしないといけない

この記事は有料会員限定記事です。
会員登録と定期購読手続きが完了すると続きをお読みいただけます。

下記ボタンより会員登録、登録済みのお客様はログインしてください。

SHARE:

twitter

facebook

TAGs: