INSIDE OCEANS

今明かされる、ペドロ・コスタの10の本音(ぶっちゃけ)

2019.07.02

インタビュー

  • twitter

  • facebook

PHOTO BY

名古屋オーシャンズ

オーシャンズの13年の歴史において、ペドロ・コスタの名前は偉大だ。

2011年の来日から、選手として5年、監督として3年、クラブに携わってきた。ポルトガル代表の名プレーヤーは、30歳を過ぎてやってきた日本でも、変わらずに輝き続けた。「フットサルの教科書」と呼ばれたそのプレーはオーシャンズだけではないすべての選手のお手本となり、どんなときでも誠実かつ真摯で、人としても模範的な立ち振る舞いが印象的な、「ミスター・パーフェクト」というキャッチコピーが、コスタそのものだった。

2018シーズンをもって監督を退任してからも、ファン・サポーター、そしてクラブに愛されるそのキャラクターが色あせることはなかった。今年6月、3カ月ぶりに来日した際にも、多くの人が彼の周りを囲んだ。

ただし、そんな完璧な男だからこそ逆に、誰にも話せないまま、胸にしまっていた本音があるはずだ。

今、コスタの“ぶっちゃけ”が明らかになる──。

「ぶっちゃけ、日本は必要以上に走りすぎ」






●コスタさんへの質問
ユニフォームを着ていたときも、スーツを纏っていたときも、いつも誠実で、真摯な対応をしてくださいました。ピッチ内外で模範的な姿は、すべての選手が真似をするべき鑑です。でも今日は、オーシャンズの選手でも監督でもありません。最初で最後のぶっちゃけトークをしたいのですが、お付き合いいただけますか?


この記事は有料会員限定記事です。
会員登録と定期購読手続きが完了すると続きをお読みいただけます。

下記ボタンより会員登録、登録済みのお客様はログインしてください。

SHARE:

twitter

facebook

TAGs: