INSIDE OCEANS

【アジア年間最優秀選手賞受賞インタビュー】“アジア最高の選手”吉川智貴が抱く感謝の気持ち。「周囲の人がすごく喜んでくれたことの方が、僕にとってはうれしかった」

2020.01.10

インタビュー

  • twitter

  • facebook

PHOTO BY

名古屋オーシャンズ

12月2日、香港で開催された「AFCアニュアルアワード2019」で、吉川智貴が「アジア年間最優秀選手賞」を受賞。日本フットサル界では、木暮賢一郎(2006年)、逸見勝利ラファエル(2012年)に次ぐ3人目の快挙となった。

2019年のAFCフットサルクラブ選手権でMVPを獲得するなど、日本代表としても名古屋オーシャンズの選手としても、名実ともに“日本最高の選手”と呼ばれる吉川だが、彼はこれまでどんな道のりを歩んできたのだろうか。“アジアナンバーワン”の称号を手に入れた率直な思いとともに、吉川の過去、現在、未来を聞いた。

「納得するまでとことんやってきた」


──2019年アジア年間最優秀選手賞の受賞おめでとうございます! 率直な気持ちをお聞かせください。

ありがとうございます。非常に光栄なことですし、なかなか受賞できない賞なので、本当にうれしく思います。自分に関わってくれているみんなに感謝の気持ちしかありません。

──周囲の反応はどうでしたか?

自分が思っていたよりも、本当に多くのかたが喜んでくれました。自分自身も(受賞は)うれしかったのですが、周囲の人がすごく喜んでくれたことの方が、僕にとってはうれしかった。これは初めての感情だったと思います。しかも、自分はめちゃくちゃ点を取るような選手ではないですし、そこまで目立つ選手ではありません。そういった選手を評価していただいたこともうれしく思います。

──AFCフットサルクラブ選手権でMVPに選ばれた際も同じように、「自分はゴールゲッターではないポジションなので」と話していました。どういった点を評価されたと感じていますか?

チームへの貢献ではないかなと。チームのことを考えた献身的なプレーを評価されたと思っています。

──セレモニーには、浦和レッズの槙野智章選手や、なでしこジャパンのキャプテン・熊谷紗希選手も出席されていました。何か交流はあったのでしょうか?

この記事は有料会員限定記事です。
会員登録と定期購読手続きが完了すると続きをお読みいただけます。

下記ボタンより会員登録、登録済みのお客様はログインしてください。

SHARE:

twitter

facebook

TAGs: